東日本大震災で得たもの

 

東日本大震災では、失った物ばかりでなく、得たものも大きいと思います。さまざまなメディアでは「震災を忘れるな」的な事が取り上げられています「復興」「追悼」「防災」など要素は色々ありますが、大切な事は他にもあると思います。

 

普段から何事も「行動することは大切」といわれています。それと同じくらい大切なこと、それは「考える時間」です。一人で自分と向き合い、綺麗に、深く、瞑想して、妄想する「考える時間

 

でも、お正月やお盆、休みともなればむしろ普段より忙しく走り回るだけで、多くの人は自分と向き合う「考える時間」を失っている。私たちの生活には、もっと考える時間が必要です、カレンダーや時計は生きていくのに大切なツールだけど、私たちはその時間の上で生きている訳ではありません、自分自身の時間という物に気づく事が大切です。

 

大切な人が居なくなった時に気づく事、そのひとつが「自分自身の時間」です自分自身の時間というのは、永遠に流れている訳ではない。カレンダーにも時計にも刻まれていない「自分自身の時間」を見つけなければ、それは何処からも、誰から貰う事も、買うことも出来ない。

 

震災を通して失った物沢山あったのかもしれませんが、私が得たものは「考える時間」です。

 

 

 

peakz311

 

 

 

 

 

東日本大震災で得たもの

Tagged on: