震災から時間が経って、多くの人の中であの時の経験は色褪せてきてると思います。震災に遭った、遭わないは別としても、この時間の流れの中で感情というのは、色々な事を「当たり前」という味気ないものに変えてしまいます。

私達の目の前に広がるこの風景は、二度と繰り返す事の無い一瞬一瞬の積み重ねで出来ていて、それは当たり前のようだけどほんとうは有り得ない事。
生きていくという事は心のどこかに芽生える昨日とは違う自分の想いを探す事なのだと、、なんとなくこの曲を聴いてそんな風に思いました。素晴らしい作品です。

 

 

Chouchou – another dawn

Chouchou | another dawn

Tagged on: