Common(コモン)がホワイトハウスで行ったタイニーディスクコンサート。

 

俗に言うHIPHOPやRAPがあまり好きではない、ジャージ、バスケットシューズ、ニューエラキャツプ・・・みたいな感じのノリ。聞かない訳ではない、スタイルとしてもカルチャーとしても理解してるつもりだけど、なんとなく体が受け付けない感じ。

 

もし、これらの楽曲がHipHopやRapとしか言われないなら、ちょっと残念だけど、私には全くそういう風に聞こえていない、JazzやClassicをきいてるような感じ。

 

“Letter To The Free” は特に好き。メロディアスでありながら、メッセージは突き刺さるように鋭い、そして、間奏のトランペットとフルートが最高。音楽とメッセージ、単純にカッコいいと思いましたし、何度聞いても飽きません。

 

 

 

common2

 

コモンと共に演奏したミュージシャンは、にロバート・グラスパーカリーム・リギンスキーヨン・ハロルドエレーナ・ピンターヒューズデリック・ホッジという豪華なメンバーで、ビラルがゲスト・ヴォーカル。

Robert Glasper(Ky)・Keyon Harrold(Tr)・Derrick Hodge(Ba)・Karriem Riggins(Dr)・Elena Pinderhughes(Fu)・Bilal(vo)・Common(Vo)

 

Common At The White House: NPR Music Tiny Desk Concert

 

 

Set List

I Used To Love H.E.R.
Letter To The Free
The Day The Women Took Over
Little Chicago Boy 

 

 

 

 

Image (イメージ)やDesign(デザイン)は、音楽からインスピレーシ ョ ンを 受けている。単にアーティストのRecommendだけではなく音楽とヴィジュアルの関係性に注目しています。掲 載に 問題がある場合はお知らせください。 Writing Keiichi

Common | Letter To The Free (Tiny Desk Concert)

Tagged on:                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>