全く意味合いの違う2つの出来事は実は繋がりがあるようなそんな感じ。3.11と言えば最近では東日本大震災な訳で、復興のイベントなどで新しい出会いもあり、そして例のごとく、新しい季節には別れもある訳ですね、今日はそんな事を考えました。

 

 別れの歌と言うと、悲しいものや暗い感じの物がありますが、これは「別れを境に変わっていく自分」という様な感じの曲、別れの曲ながら、聞いた後に、爽やかな感じだったり、淡い思い出が浮かぶ、すばらしい曲。

 

 

salyuの 「風に乗る船」

 

 

1069

 

「風に乗る船」

涙の後には虹が出る
瞳を閉じていたら 頬を伝った
体が少し縮むような
寂しさの井戸に涙が落ちた

あの日の出会いを忘れない
くすぐるようなオーラを放つ

誰かのために生きていること
知らずにいた あなたと会うまで
季節は変わり 置き去りみたいな
白い雲に 風船が重なった

いまはあなたにありがとう、って
やっといえるかな 積もる時間に
いつのまにか新芽が出たら
それに水をやり育てていこう

あの日の別れを忘れない
甘くせつない痛みとともに

あたしがここで生きてた事も
長い時に 消えてゆくけど
だけど空には 洗いたてみたいな
雨上がりに 色の橋が見えたら

涙の後には虹が出る
古そうな台詞も当たったりする

風に乗る船 どこまでいこう
明日はまだ見えないけれど
大丈夫かな まだいけるかな
大きな輪をかいて宇宙を
飛んでいけたなら あの日のふたりに
多分二度とあえないけれど
あたしの中で生きているから

雨上がりに虹の橋が見えるよ

 

 

 

Image (イメージ)やDesign(デザイン)は、音楽からインスピレーシ ョ ンを 受けている。単にアーティストのRecommendだけではなく音楽とヴィジュアルの関係性に注目しています。掲 載に 問題がある場合はお知らせください。 Writing Keiichi

salyu | 風に乗る船

Tagged on: