2013年3月31日より4月1日大阪に行ってきました。新世界の辺りをどうしても見たくて、地下鉄で移動し、そこで串揚げやお好み焼きを食べてきました。

ちょうど桜が満開の時季だったので、何処でも桜が咲いていました、道頓堀クルーズをして、大阪城では久々にカメラ小僧のように写真取りまくり。

桜が咲くのは全国的に同じような気温の時(少し肌寒い)なのかな?と思っていましたが、明らかに大阪は暖かかった(笑)。

 

今回はたまたまブログを通して知り合った、大阪在住のM・NさんNさんと現地でお会いして、同行して案内してもらいました。公開はしていませんが案内してくれたお礼という感じで大阪の知人へ「Osaka」というスライドショーを作り、たまたまの出会いを形にしました。

 

たまたま大阪に行って、たまたま、見ず知らずの人と出会い、わずかでしたけど時間を共にしました。この世の中は本当にたまたま出来上がっていると思いました。

 

2011年に公開された 映画「たまたま」より、蒼井優さん朗読の詩 ピアノ伴奏は高木正勝さんだと思います。詩を一部書き出しました、間違ってる所があるかもしれません。素晴らしい詩です。

 

たまたま

 

たまたま長い時間を掛けて地球が出来あがって

たまたま酸素やら二酸化炭素がある星になって

たまたまアメーバやらミジンコやらが出現して

たまたま人間が生まれて

たまたま氷河期とか戦争やらを生き残った人間が居て

たまたま父さんと母さんが出会い

たまたまじゃなく恋におちて

たまたま私が生まれました

そしてたまたま君に出会って

たまたま何かが始まったりする

たまたま たまたま

 

中略

 

私達の世界は気まぐれで

嬉しい事、悲しい事があって、忙しい

忙しいと大事な気持ちまで忘れそうになる

たまたま君が居る

たまたま私が居る

出来るだけ君を笑わせてあげたいな

笑っている君を見ていると

きっと私も笑ってしまうから

そしてどんな素敵な事が始められるか想像しよう

 

想いはね

きちんと相手がいるうちに伝えないとね

大事な人にならなおさらね

あなたはちゃんと伝えてる?

何年何十年掛かって相手に届く手紙が世の中にはあります

それもまたたまたま

 

 

 

何故か解らないけど、東京より、名古屋とか大阪の方が落ち着きます。一度住んでみたい所。

 

 

「たまたま」スライドショー

 

大阪 たまたま・・・ 蒼井優さん朗読の詩 

Tagged on: